FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

神様とタングステン

『神様とタングステン』

07年2月の作品。元素記号W、その名はタングステン。なんだか素敵だったので、書いてみました。結構気に入っている作品なんですが、初出時はちょっと不評でしたね。

本編

感想はコメント欄よりお願いします。
スポンサーサイト

精霊呼出機お試し用

『精霊呼出機お試し用』
07年2月に書いたもの。比較的最近の作品。
この作品は漫画「ドラえもん」の二十一巻「精霊よびだしうでわ」にヒントに書きました。内容は全然違いますけど。

本編

感想はコメント欄よりお願いします。

勇者の話

『勇者の話』

記憶が曖昧ですが、05年秋ごろの作だと思われます。
その頃童話の公募を発見し、それに向けて書こうと思ったのですが、書いたこともない童話でいきなりコンテストに応募するほど無謀にはなれませんでした。そこで童話の練習としてこの話を書いてみました。なぜかその後童話は一つも書いてませんが。
さて、この話に出てくる勇者達は、当時ばかみたいに時間を費やしていたモンスターハンターというゲームの人物をモデルとしています。

初出は学校の文芸誌でした。この作品をネットで公開するのは初めてとなります。

本編

感想はコメント欄よりお願いします。

三日間で爆弾を!

『三日間で爆弾を!』

これは多分06年3月ごろに書いたもの。原稿用紙160枚超ということで、初の中編となりました。タイトルから察していただけると思いますが、現実世界を舞台に用意しつつ、現実的な道徳の範疇で可能な限りぶっ壊れた作品に仕上げました。ここに登場する愛すべきキャラクター二名は、後の作品にも登場します。
書き上げて、某掲示板で反響が大きかったため、続編たる「三時間で爆弾を!」のプロットを構築しましたが、多忙故にボツとなり、結局続編は書きませんでした。

前半
後半

感想はコメント欄よりお願いします。

タキオンの時間

『タキオンの時間』

06年5月ごろに書いたもの。短編というかほとんど中編な原稿用紙80枚ほどの長さです。女性型アンドロイド視点から描くという初めての試みでした。仕掛け、設定そのものは今でも気に入ってます。ところが肝心の内容がだらだらとただ長い感が強いかもしれません。
当初は、タキオンをシリーズ化できたらいいな、なんてことを思ってましたが、その後続かず。もしかしたら続編を書くかもしれませんが、今のところその予定はありません。

本編

感想はコメント欄よりお願いします。

はじめに

とりあえず自己紹介を。
藍紫蒼世は素人物書きです。今までリアルや色々な投稿サイトで作品を公開していましたが、そろそろ数がたまってきたので、いっぺんにさらせる場所をつくってみました。

投稿サイトなどで私の名前を見知っている方や、そうでない方でも楽しんでもらえたら嬉しいです。では、よろしくお願いします。

読んでくださった人へ。
コメント欄より感想を残してくれたら嬉しいです。全力あげて推敲に活用させていただきます。

Powered by FC2 Blog

FC2Ad


Copyright © 藍色の時間 All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。